読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳から初心者ベーシストのブログ

ベーシストと名乗りたい

【練習】食わず嫌いせずに興味ない曲でも練習することのメリット

今まで興味ない曲を練習してみたら意外と良い曲やんってなりました。

ゆずの『栄光の架橋』です。


栄光の架橋 - ゆず

 

バンドで5人でできる曲増やしたいなーとなって、「ギターの2人が弾ける曲をベースとドラムが覚えれば早いんじゃないか?」となりまして。でアコギが弾ける曲として『栄光の架橋』をとりあえず覚えてみました。

 

最初は好きだったんですよ、ゆず。『夏色』とか『いつか』とかめっちゃ聞きましたし、カラオケでも歌ってました。でもねー完全に売れ出したから聞くって感じだったので、大学生以降ほとんど聞かなくなったんですよね。それにゆずって保険のCMのイメージ強いし、『栄光の架橋』とか”泣かそうとしてる感”が強くて苦手だったんです。

ただ、曲を単純に増やすためにはそうも言ってられないってんで、練習してみて何度も聞いてると「あら?意外と良い曲」となったので、とりあえず食わず嫌いよくないと思ったので、なんでも聞いてみる、練習してみることのメリットを3つ書いてみました。(プロの方ならもっと思いつくかもしれませんが、これが限界)

 

 

 

1.音楽の幅が広がる

今回で言うと聞いた曲は結局J-POPなんであんまり幅の広がりはないかなーと思うんですが、例えばJ-POPばっかり聞いてる人が洋ロック聞くとか、R&Bを聞くとかするとかなり幅が広がると思います。楽器をやってから曲を聴くと、曲の聴き方も変わりますから違った感じで音楽を楽しめます。

 

2.ベースラインの幅が広がる

曲のジャンルでベースラインも変わります。自分の好きな曲ばかり聞いてるとやはりベースラインって似たような曲が多いですし、そこから抜け出せません。

これがファンクやフュージョンなんか聞き出すと、ベースラインが全然違いますから、それを練習するだけで「こんなベースラインがあるのか!」とかなります。これをすると単純にインプットが増えますので、じゃあオリジナルでも作ったときとか、自分でアレンジを加えようってなったときにサンプルがいっぱいあるので、やりやすくなります。ジャズのウォーキングベースをポップに取り入れるのもできたりするんじゃないですか?(難しいのかな…?)結局はアウトプットするときは、まずはインプットがどれだけあるか?というのが影響するので、食わず嫌いせずにいろんなジャンルの曲を練習しましょう。

 

3.色んな人に向けて音楽をすることができる

色んな人に向けて音楽ができます。これはつまり、ポップ好きにはポップを、ジャズ好きにはジャズを、というようにいろんなジャンルの曲ができると、すべてのお客さんを楽しませることができます。というのは飛躍しすぎな気がしますけど、ポップしかできないとポップ好きな人しかなかなか聞いてくれないじゃないですか。でもジャズできますよ、ファンクできますよだったら、それらを好きなお客さんも楽しませられるし、自分自身いろいろなところでセッションもできますよね。

特にベースとドラムはジャンル関係なく、ド定番と呼ばれる曲は聞くべし!と教室の先生に言われました。(自分もJ-popにめちゃ偏っているので要修正です)

 

 

 

これは特に10代のうちにやっていくのがいいです。10代なんて特に好きな曲ばっかり聞いてると思いますけど、10代後半~20代前半で聞いた音楽が、きっとずっと残る音楽になると思います。吸収力が違うのもあるでしょうが、どんどん新しい音楽を聴くことがおっくうになってきます。今がんばってレッドツェッペリンとか聞いてますけどなかなか頭に残らないので、10代に様々なジャンルのド定番曲を聴くことをお勧めします。

 

 

 

 

【レッスン】isn't she lovely

ベース レッスン

5月13日が3週間ぶりのレッスンでした。

 
 
4月末で発表会も終わって次何の曲やるんかな〜とか思ってたらstevie wonderのisn't she lovelyでした。そういえば発表会終わってからオーナーに「スティービーとかいいんちゃう?」って言われて先生に言ったんでした。
 
 
stevieの曲はFIREしか知らなかったのでyoutubeで聞いてみたらあれもこれも聞いたことあるでって曲が多くてstevieと認識してなかっただけでした。その中にちゃんとisn't she lovelyも入ってたのでタイトルだけはちゃんと覚えてましたよ、今日のレッスンでは。


Stevie Wonder ★ Isn't She Lovely & Sunshine Of My Life @ live 720p 4:3 HD

 
 
使うのはコード表のみ。先生が曲のスケール、コードの説明をしながらフレーズを弾いていくという感じで進みました。曲のkeyはEです。ここでレッスンでは初めてツーファイブという言葉が出てきます。ジャズの人は基本なんでしょうか。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

ツーファイブとは、ドミナントであるV7の前に、ⅡmやⅡm7-5を持ってくるコード進行のことです。
キーがCメジャーならツーファイブは「Dm→G7」となり、Aマイナーなら「Bm7-5→E7」がツーファイブにあたります。
ツーファイブに分離することは、セカンダリードミナントでも有効で、例えば「Am→D7→G7→C」や、「C→Bm7-5(またはBm)→E7→Am」なんてコード進行もOKです

 

理論って普通に勉強って感じがして難しいですね。。。

1時間のレッスンでイントロ含めて24小説全部教わって、最後に先生とセッション5巡くらいやりました。一度としてまともに弾けなかったぜ。似たようなコードで進むんやけどそれでも初見で全部すいすい弾くとか難易度高すぎる。ええ、まだ覚えたものしか完璧に(完璧じゃなくても)弾けないレベルですもの。
 
 
 
で、今日レッスン終わってからようやく練習しましたが、一か所めちゃくちゃ難しくて。16分をBPM119で弾くとか指が動きません。一つの弦ならまだしも1弦まで入っていて、指の上下だけで時間かかるし。
ベース始めて2年ですけどBPM119を16分なんてみんな簡単にできるんですかね?調べて速弾きのコツなんてよくわかりません。stevieをちゃんと弾けるようになるにはまずは16分を弾けるようにならないとダメですかね。
 
 

私の音楽遍歴

自分

30歳からベースを始めたおっさんの音楽遍歴を披露します。

 

1.幼少期~高校生まで

かなり長い期間ですが、たしか5歳くらいから民謡を3つ離れた兄と習い始めました。

母親が近所の民謡教室に連れて行ったのが始まりで、母親も一緒に習っていました。

習い始めた理由はお菓子がもらえるから。ほんとエサに弱い性格です。

歌はどうやら自分に合っていたみたいで、10歳のとき民謡団体の関西大会で4位に入賞してでっかいトロフィーもらいました。このおかげで今でも歌には自信があります。

なんだかんだで10年以上続けてましたね。水泳とか習字とかいろいろ習い事をやってましたが、結局これが一番続きました。理由は楽だったのと先生がいい人だったからでしょう。家から歩いて5分なのも大きかった。

 

2.高校生

1の民謡とかぶりますが、高校生のときにギターを始めました。アコースティックギターを買って部屋で弾き語り、誰に聞かせるでもなく一人でガチャガチャ弾いてました。弾きだした理由はみんな共通モテるやろう、これ一択です。当時友達の少ない?ほぼいなかった僕は音楽の授業で好きな楽器の発表があったのですが、ここでギター弾きゃあ友達できんちゃーう!?とか安易に思ってカーペンターズの『トップ・オブ・ザ・ワールド』を弾いたのですよ。大した出来じゃなかったけど自分なりにできたのでどやっ!みたいに思ったんですよ。

 


The Carpenters - Top Of The World♥

 

ギター弾いてもモテるわけじゃなかった。

 

でも懲りずに2年生の同じ授業で今度は津軽三味線を弾きました。先生に三味線借りて披露しました。吉田兄弟とか当時めっちゃ聞いたなぁ。ギターよりなおさら派手やん、いけるやん!とか思ってましたね。

弾いた曲はこれじゃないけど吉田兄弟の動画です。


吉田兄弟

 

津軽三味線やってもモテるわけじゃなかった。

 

 

3.大学生

ここからはライブに行きだします。といってもそんなに行ってませんよ。たぶんフェスも合わせて5回くらいしか見に行ってないと思いますけど、音楽をライブで楽しむということを知ったのが大きかったですね。初めて行ったライブはアジアン・カンフー・ジェネレーションの大阪城ホール公演です。あれは本当に楽しかった。

アジカンかっこいいってなって、ライブ調べて速攻でチケット取りました。生で見る・聴く音楽のすばらしさを感じました。『君の街まで』をめっちゃ聞いてました。

 


君の街まで

 

4.社会人

ライブ行ったり、フェス行ったり、そんな中で昔やったギターをバンドでやりたいなと思ってバンドを半年だけやりました。25歳のときにmixiでメンバー募集に応募してギターで入りました。募集していた人はめちゃくちゃギターうますぎて申し訳なかった。

とりあえずバンドやりたいだけだったのと、仕事が忙しすぎてギター練習するがなくて、結局1回ライブやっただけで僕はやめてしまいました。あのときはすいませんでしたと今は言いたい。あのときはバンドやってる自分に満足しているだけだったんでしょう。かなり恥ずかしい過去になってしまいました。

 

 

5.30歳~現在

僕はバドミントンも趣味でやってるんですが、そこの同年代の友達がバンドやりたいというのでバンドを始めました。男3人、一人はドラムがやりたい、もう一人はアコギがやりたい、じゃあ僕ベースやるわーということでベースを始めました。ちょうど2年前の話です。過去にギターやってたしベースもできるやろーという安易な考えで始めましたけどかなりハマりましたね。楽器初めて2ヶ月後くらいに3人でやった演奏の録画を見て「ちゃんと音楽なってるやん!!!」と衝撃に打ち震えたのは今でも忘れませんよ。

3ヶ月後にはボーカルとエレキギターも入って5人体制でずっとやってます。

もっと頻繁にライブできて、なおかつオリジナル曲をやるのが夢です。

 

 

30歳でバンド組んだことを周りに言ったら今更!?って言われましたけど僕はもっとバンドが全年齢で楽しめる趣味だと認知されるべきと思ってます。ジャズバンドとか年配の人結構いるし、音楽教室とか言ったらおっちゃんとかでも初めての人結構いますよ。しかも音楽って一生死ぬまで楽しめる趣味ですからね。

人の生活にはいつだって音楽があるじゃないですか。聞く側じゃなくてみんな演奏する側に来ればその楽しさが倍増するはずと信じてます。

 

以上、初心者ベーシストの音楽遍歴でした。

【練習】プロフェッショナルのスーパー高校生を見てアクセントの基礎練習をやってみた

ベース 練習

NHKのプロフェッショナル 仕事の流儀でスーパー高校生特集が放送されてましたね。皆さま見ましたでしょうか?

www.nhk.or.jp

 

この放送では4人のスーパー高校生が紹介されてまして、最初の1人がピアニスト・牛田智大くん(16)です。彼は3歳のころからピアノを始めて、5歳から数々の賞を獲得している天才ピアニストです。8歳のときから5年連続でショパン国際ピアノコンクールin Asiaで1位をとっているという化け物みたいな子です。

 

放送では彼の練習風景も放送されていました。その練習というのがメトロノームに合わせて、右手左手それぞれの指でアクセントを微妙に変えながら弾くというものでした。(正確な説明になってないかもですが)

 

世界で活躍しているような高校生の子でもこんな地味な基礎練習をきっちりやっているのに、自分と来たら最近の練習は弾ける曲をとりあえず弾いてあそこ間違えたー、リズム狂ったー、うまく弾ければ悦に入っているようなレベル。。。お恥ずかしい。

 

これはいけない!大事なのは基礎練習だ!と影響をバシバシ受けた僕はさっそくアクセントの練習をするわけです。ただこれが難しい!

 

練習内容はBPM=70くらいで16分を1拍目にアクセントをつけて1小節、次に2拍目にアクセントをつけて1小節、3拍目、4拍目のとこまでやる。それを1~4弦で行うというものです。

僕は中指から弾くんですが、2拍目、4拍目は人差し指でアクセントをつけることになるからこれが難しい。また、アクセントの箇所が切り替わる瞬間ってのが絶対に音量がぶれてしまって一定にならない。アクセントを強調させようとしすぎて、他の音が小さくなってしまうなど、アクセントというやつは非常にやっかいな代物ですね。

 

この練習を毎日ひたすら1時間行うというだけで頭が下がります。やはりプロになっている人にはそれなりの理由があるということですね。

 

プロなんておこがましいことは考えていませんが、初心者ベーシストというものを早く脱却する為にも基礎練習は怠らず進めていきます。

 

 

 

 

 

バンドメンバー(ドラム)にベースを教えてみた

ベース

バンドメンバー(ドラム)にベースを教えてみました。

本人がやりたいやりたいと言うので。結構前からベースをやってみたいというのは言ってきていてちょっとそろそろ本当にやりたいと言うのでそれならやろかーという感じです。

 

今までベースはおろか人にモノを教えるということ自体あまり経験がありません。中学・高校では部活動は軽音とかじゃなく運動部でもなく、文科系の幽霊部員だったので後輩とちゃんと後輩と関わることがなかったんです。大学では後輩いましたけど、部活・サークルなんて緩いもんじゃないですか。仕事も後輩がいたのって今までで2年目のとき~3年目に部署異動する1年間だけです。

おお、どうしようこれ。何を教えればうまくなるのか、どう教えればベースを楽しいと思ってもらえるのか。基礎を教えるとしても基礎練習って面白くないしな。とか思いながら、大した準備もせずに指導突入。教えたことを書いていきたいと思います。

 

1.爪を切る

僕は指弾きなんで指弾きしか教えられません。で、まず教えることは弾く前の準備。

指弾きであれば右手の人差し指、中指の爪を切ることは必須です。爪が長いと弦をはじくときにカチカチと音が鳴ってしまいます。僕は弾くときは常に深爪状態です。指弾きベーシストにはあるあるじゃないでしょうか。

 

 

2.ベースの構え方・指の置き方

ベースは真正面から見ると真横に構えているように見えますが、実際はネックは体から斜め45°くらいを向いています。そして指も弦と垂直に構えているように見えて、実は斜めになっています。人指し指と中指は長さが違うので、指の長さを合わせて構えないといけません。図だとこんな感じ。久々のへたくそマウスイラスト。

f:id:ren_etsu:20160507015924j:plain

思ってたより絵がひどかった…。

 

 

3.ドレミを教える

音楽の基礎中の基礎。ドレミファソラシドの音階を教えました。

ここまでであんまり楽しくないそうです。

 

 

4.知っている曲の一部を教える

基礎では大して楽しくなさそう。どうすれば楽しいと思ってもらえるだろうか。

仕方ない。ならば知っている曲を弾けば楽しくなるんじゃないか。

僕らのバンドの記念すべき1発目に練習した曲、そして1回目のライブでした曲。HYのAM11:00のサビのベースラインを教えよう。音も6つくらいしかないし、いいんじゃね?と。


AM:1110

どうやらあまり楽しくなさそう。リズムが難しいみたい。

 

じゃあもっと簡単な曲?そしてエイトビートで同じ音を何度も弾くのがいいんじゃないかと考えて次はこの曲。うちのバンドでみんな大好き、綾香のHello


絢香 ♪Hello [ 代表曲!] @ 横浜アリーナ [+歌詞]【HD】

ノリがよくてシンプルなベースライン。エイトビートなんでそんなに難しくない!

 

 

反応を見るとどうやら楽しいみたい。よかったー!

というわけで宿題はHelloのイントロからAメロまでです。

人にモノを教えるって難しい。教わっている人ができていないことって自分はすでにできるようになっているわけで、できなかったときのことってのは忘れていることも多いんです。それを思い出しながらいかに楽しく教えるか。これはベースの面白さを伝えるうえでも必要ではないかな。ドラムにはとりあえず僕の古いベースとシールドを貸しました。毎日やらないと指が固くならないし、弦楽器が本当にうまくなるのは指が固まってから!と伝えました。

ドラムがうまくなれば自分としてもベースが普及したことになるのでうれしいです。この指導経験を自分の糧にできるようにしていきたい。

 

 

 

ライブハウスで発表会をやりました

ライブ ベース

去る4月23日にライブハウスで発表会をやりました。

16人の生徒さんが参加して、ベースは僕1人。

半年に1回、今回で4回目の参加だけどずっと僕1人です。寂しい。

ヤマハとは三木楽器とかみたいに大手じゃないんで少ないのはわかってるんですが、出てきてほしいなー。ベース談義をリアルの人としたいですよ。

 

今回やった曲は、下の2つです。

①"September"  Earth,Wind & Fire 

②"The Chicken"  Jaco pastrios

過去記事でも練習してる曲を書きました。

 

30bass-shoshinsha.hatenablog.jp

 

 

そしてYoutubeにもアップしました!

遠すぎて私も他の演奏者も顔がわからない!


【ベース】Earth wind and Fireのseptemberを音楽教室の発表会で弾いてみた※イヤホン推奨

 

www.youtube.com

 

楽しかった!でも毎回余裕がないのはなんでだろう!

Septemberのがテンション上がりますね。楽しい。

The Chickenはソロパートを自分でフレーズ考えました。

ペンタトニックスケールにつなぎで半音を入れたり、2か所ほどブルーノートを入れました。

本当はもっとジャズ?ファンク?ソロっぽく音を切ったりとかしてみたかったけどスキル的にまだまだ無理です。

このソロのとき、打ち合わせでは4巡目に僕のソロが決まっていたのですが、直前になって自分のソロだったかキーボードのソロだったか忘れてしまってめっちゃ慌ててました!ギターにウェーイってやってもらって、自分の番か!と危機一髪助かりました。

ちなみにこれは生徒以外はすべて音楽教室の講師の方です。

ギターの先生まじありがとう。

こうやってセッション的にやる曲はすごく楽しいです。それぞれの楽器のソロも聞けるし、自分でやるときはソロをどう弾くかフレーズ作るのにめっちゃ考えます。これがアレンジとか曲作りに活きてくるはず!もっとセッションしたい。

 

 

ところで、参加した生徒の半分くらいは子どもです。過去からずっと参加している子供たちがまぁ成長して新しい曲にどんどん挑戦していくのを見るわけですよ。

 

子供の成長半端ない

 

体も単純に大きくなるの早いし、初めて見たときはステージに上がっただけで泣きそうでなかなか演奏できなかった子が今は小学校1年生になってて、堂々と弾いてる姿を見ると驚かされます。めちゃうまくなってるし!

こんなん見るとおっさんは触発されるしビビッてます。

子供たちに負けないようにこれからも練習がんばろうと思えました。

楽しかったのでやっぱりステージはいい!

 

ベースを習いたいと思った時のベースの先生少ない問題

ベース

ベースの人口は少ないです。

しかし、それ以上にベースの先生、これも少ないんです。少ないと思います。

 

楽器を始めるってなったとき、独学で勉強するのはなかなか大変ですよね?

時間がたっぷりある中学生・高校生ならまだしも社会人から始めたら、少ない時間で早くうまくなりたいもんです。なら当然レッスンだ!ってなりますよね。

 

レッスンを受けられる場所はたくさんあります。

大手・中規模・小規模問わず楽器屋、スタジオ、町の音楽教室、ピアノとかなら個人でやっている人もいるし、ネットならフリーでやっている人もいます。

twitterで探せばスカイプレッスンなんかもやっている人もいますね。

 

そうはいっても最初はみんなヤマハとか大手楽器屋とか、あとはネットで探して家から近くの中規模くらいの音楽教室とかに行くと思います。

 

ボーカル・ギターなら何曜日にしようかな?1週間の中から選び放題。

ドラムも少ないと思いきや意外と多いです。

それに比べてベースの曜日と先生の少なさよ!

 

ちなみに三木楽器のHPをちょっと拝見しました。

www.mikimusicsalon.com

 

バンドにおけるパートの先生の人数は以下になってます。

・ボーカル…14人

エレキギター…19人

・ドラム…14人

エレキベース…7人

 

ドラムの半分っ!!

 

ちなみにサックスの先生は21人でした。

エレキギターより多いやん!

 

大手でこれですからね。

僕が通ってる音楽教室はベースの先生は3人です。

でもみんなメインはギターっていう。しかも3人のうち2人はベース教えてないっていう。ベース習ってる生徒は僕を入れて4人しかいないっていう。

さらにいうと、僕はバンド活動を奈良でやってるんですが、ほかのメンバーは行きつけのスタジオでレッスンを習ってるんですよ。ボーカルとエレキギターとアコギとドラム。

 

僕だけ別の場所で習ってます。奈良の方にはベースのレッスンがないっていうね。

悲しい…。発表会でもベース他にやる人いないし寂しい…。

 

ただ人口が少ないからこそ競争率が低いとも言えます。ギターとかたぶんやってる人めちゃめちゃ多いですからね。ベースやドラムはサポートも多いと聞くので、みんな人口なんか気にせずベースをやればいいと思います。(仲間が増えてほしい)