読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳から初心者ベーシストのブログ

ベーシストと名乗りたい

右腕をベースのボディにつけて弾くか浮かせて弾くかはどっちでもいい!

ベース 弾き方

座ってベースを弾くとき、右腕をボディにつけて弾くか浮かせて弾くか悩んでいる人がいるならば、どっちでもいいんじゃあないですか?と言いたい。

 

ちなみに僕は浮かせて弾くタイプです。今まで意識したことなかったですけど、習っている音楽教室の先生はボディにつけるタイプで、レッスン中に右腕をつけて弾くように言われました。なんでもそっちのほうが腕がリラックスできるそうで実際先生はそのスタイルで速弾きとかもしてましたね。

教わったことはとりあえずやってみよう!

やっぱり自分よりもキャリア長くてうまい人が言ってるんやから。


いや無理やって!

 

このときはテンポ70の16分で弾く練習をしてましてね、

1弦から順に4弦に上がっていくような楽譜だったのですが、4弦に上がっていくということはどんどん腕を後ろに引いていかなきゃいけないわけですよ。ボディにつけたままだったらこれめちゃくちゃ難しくないですか!?どうやって腕をボディにつけたままで後ろに引くんだ!

 

やってみたけどあまりに難しくて断念しました。

親指をピックアップに乗せて、親指をバスケで言うピボット(=片足を軸にぐるぐる回る動き方)のように軸にしてうねうね動かした方が断然やりやすいです。

 

もっとテンポを落としたらあるいは弾けるかもしれませんけどね、しかし、僕が弾きたいのはめちゃくちゃな早弾きなんですよ。

まだまだ先だけどkenkenとかもハマ・オカモトみたいに弾けたら楽しいやろなぁ。

そのためにはボディにつけていては一生かかっても弾けない気がします。

 

ただいろんな弾き方があっても、自分にはこれが合ってるというのを理解して弾いていきたいです。だから浮かせて弾くのが合ってても、ボディにつけて弾くっていうのをやってみて、そのうえで合わないってわかった上で選びたいです。