読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳から初心者ベーシストのブログ

ベーシストと名乗りたい

ベースレッスン リードシートに慣れてセッションしよう〜Wonderful Tonight〜

ベース 練習

先週金曜日はレッスンでした。前回からリードシートを使ってレッスンしています。

 
【リードシート】
主旋律とコードが書いてある楽譜!のことだと思う。
 
曲はエリック・クラプトンのWonderful Tonightという曲です。
 
まずはコード通りにルート音を弾いていきます。実はそろそろ2年もやってるのに、いまだどの音がどのルート音ってのが覚束ないんですよね。5フレットくらいまでのメジャーコードはわかるんですが、6フレットからさらに♯とか♭とかついてくるともう初見ではすぐに抑えられません。だから初心者ベーシストと名乗ってるわけなんですが。
 
この曲はキーがGメジャーで使うコードはC、D、G、E、F♯、Aだけなのでめちゃ簡単です。
ルート音だけなら余裕だぜ。
 
練習方法は主に先生とセッションです。先生がギターでメロディ弾いて、僕がベースをボンボン鳴らす。
ルート音だけならまぁいけるんですが、2回目、3回目になると先生が変化つけていきましょうと言ってやってくださいと言われます。
 
 変化つけるとなるとパターンが少なすぎる僕はもうすぐにあたふたしてしまって対応できません。どうやらセッションをより楽しむにはルート音を基本にいろんなおかずのパターンを作り出していかなければならないようです。
 
というところでレッスンは終了です。
特に課題などは与えられないので、今日の練習曲Wonderful Tonightのルート音と演奏パターンを増やす練習をします。