読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳から初心者ベーシストのブログ

ベーシストと名乗りたい

バンドメンバー(ドラム)にベースを教えてみた

ベース

バンドメンバー(ドラム)にベースを教えてみました。

本人がやりたいやりたいと言うので。結構前からベースをやってみたいというのは言ってきていてちょっとそろそろ本当にやりたいと言うのでそれならやろかーという感じです。

 

今までベースはおろか人にモノを教えるということ自体あまり経験がありません。中学・高校では部活動は軽音とかじゃなく運動部でもなく、文科系の幽霊部員だったので後輩とちゃんと後輩と関わることがなかったんです。大学では後輩いましたけど、部活・サークルなんて緩いもんじゃないですか。仕事も後輩がいたのって今までで2年目のとき~3年目に部署異動する1年間だけです。

おお、どうしようこれ。何を教えればうまくなるのか、どう教えればベースを楽しいと思ってもらえるのか。基礎を教えるとしても基礎練習って面白くないしな。とか思いながら、大した準備もせずに指導突入。教えたことを書いていきたいと思います。

 

1.爪を切る

僕は指弾きなんで指弾きしか教えられません。で、まず教えることは弾く前の準備。

指弾きであれば右手の人差し指、中指の爪を切ることは必須です。爪が長いと弦をはじくときにカチカチと音が鳴ってしまいます。僕は弾くときは常に深爪状態です。指弾きベーシストにはあるあるじゃないでしょうか。

 

 

2.ベースの構え方・指の置き方

ベースは真正面から見ると真横に構えているように見えますが、実際はネックは体から斜め45°くらいを向いています。そして指も弦と垂直に構えているように見えて、実は斜めになっています。人指し指と中指は長さが違うので、指の長さを合わせて構えないといけません。図だとこんな感じ。久々のへたくそマウスイラスト。

f:id:ren_etsu:20160507015924j:plain

思ってたより絵がひどかった…。

 

 

3.ドレミを教える

音楽の基礎中の基礎。ドレミファソラシドの音階を教えました。

ここまでであんまり楽しくないそうです。

 

 

4.知っている曲の一部を教える

基礎では大して楽しくなさそう。どうすれば楽しいと思ってもらえるだろうか。

仕方ない。ならば知っている曲を弾けば楽しくなるんじゃないか。

僕らのバンドの記念すべき1発目に練習した曲、そして1回目のライブでした曲。HYのAM11:00のサビのベースラインを教えよう。音も6つくらいしかないし、いいんじゃね?と。


AM:1110

どうやらあまり楽しくなさそう。リズムが難しいみたい。

 

じゃあもっと簡単な曲?そしてエイトビートで同じ音を何度も弾くのがいいんじゃないかと考えて次はこの曲。うちのバンドでみんな大好き、綾香のHello


絢香 ♪Hello [ 代表曲!] @ 横浜アリーナ [+歌詞]【HD】

ノリがよくてシンプルなベースライン。エイトビートなんでそんなに難しくない!

 

 

反応を見るとどうやら楽しいみたい。よかったー!

というわけで宿題はHelloのイントロからAメロまでです。

人にモノを教えるって難しい。教わっている人ができていないことって自分はすでにできるようになっているわけで、できなかったときのことってのは忘れていることも多いんです。それを思い出しながらいかに楽しく教えるか。これはベースの面白さを伝えるうえでも必要ではないかな。ドラムにはとりあえず僕の古いベースとシールドを貸しました。毎日やらないと指が固くならないし、弦楽器が本当にうまくなるのは指が固まってから!と伝えました。

ドラムがうまくなれば自分としてもベースが普及したことになるのでうれしいです。この指導経験を自分の糧にできるようにしていきたい。